top of page
IMGP3009_edited.jpg

数百年・数千年に一度という大地震に対して,被害を最小限に留め,被災後の即時復旧・事業継続可能なレジリエントな建築の実現を目指しています。近年は免震構造の研究に注力しています。建築は美しく,快適でなければならないが,まずは安全・安心であること(構造美・力学的合理性の追求)が求められるというスタンスで活動しています。

Our goal is to realize resilient buildings that can minimize damage and enable immediate recovery and business continuity after a major earthquake that occurs only once every several hundred or several thousand years. In recent years, we have focused our research on seismic isolation. We take the stance that architecture must be beautiful and comfortable, but it must also be safe and secure (including the pursuit of structural beauty and mechanical rationality).

  • 公開ゼミ:月・木の午前にオンラインで開催しています。参加希望者は問い合わせフォームから申し込んでください。ゼミ配属前の1~3年生も歓迎します。Open seminar: Online seminars are held on Monday and Thursday mornings. If you wish to participate, please sign up via the inquiry form. Students in their first to third year before seminar assignment are also welcome!


  • JSCA アイス棒ブリッジコンテストにて、カテゴリーⅠの「コンセプト賞」を受賞しました!アイス棒を編み込んで作った面材ユニットでボックス断面を構成したユニークなブリッジを創造しました。We received the "Concept Award" in Category I at the JSCA Ice Stick Bridge Contest! We created a unique bridge consisting of a box cross section with a surface unit made of woven ice sticks.

>>応募作品|Entry Works

  • 『大振幅地震動に対する免震構造の設計』のeラーニング講習会(主旨説明ほか:小林正人)を日本建築学会のWebサイトにて公開中です。The e-learning course on "Structural Design Concepts for Seismically Isolated Buildings Against Extreme Ground Motions" (main presentation by Masato Kobayashi) is now available on the website of the Architectural Institute of Japan (AIJ).

>> eラーニング講習会E-learning Seminar in Japanese

  • Meiji.netにインタビュー記事「免震構造の普及で住み続けられる街づくりを」が掲載されました。The interview article "Dissemination of seismically isolated structures towards building a city to live in continuously in the future" was published on Meiji.net.

>>Meiji.net

​​​​​

Top: ようこそ
1_GG1myk4bUAAViWi (2).jpg

2024/2/19

修士論文発表会。研究室から4名が面接諮問に臨みました。2年間の課程での成長を、質疑応答を通して実感できたのではないでしょうか。20代の思考の成長速度は驚くべきものがあります。もうすぐ修了です。
Master's Thesis Presentation. Four students from our lab took part in the interview consultation, and I believe they were able to realize their growth over the two-year course through the question and answer session. The program will soon be completed.

F-QrCsoaAAAtv1L.jpg

2024/2/13

日本地震工学会論文集にて特集号ー第16回日本地震工学シンポジウム 免震・制振ーを企画しました。OS1 免震・制振技術の継承と革新:レジリエントな社会を目指して、一般セッション B-7 免震・制振にてご発表頂いた方が対象です。2/19(月)より受付開始です。ご投稿お待ちしています!

We have organized a special issue of the Transactions of the Japan Society of Earthquake Engineers (JSEE) - 16th Japan Earthquake Engineering Symposium on Seismic Isolation and Vibration Control - for those who have presented papers in OS1: Inheritance and Innovation of Seismic Isolation and Vibration Control Technologies: Toward Resilient Society and B-7: Seismic Isolation and Vibration Control in General Session. We look forward to receiving your submission!

>>16JEES論文特集号に関する投稿募集

09201_edited_edited_edited.png

2024/2/8

数学セミナー「特集=防災数学——防災を広く捉え,災いから未来を紡ぐ」に「地震動と免震構造/防災数学への期待」が掲載れました。数学雑誌への寄稿は初めて。2/9(金)発売です。

Earthquake Motions and Seismic Isolation Structures/Expectations for Mathematics for Disaster Prevention" has been published in Mathematics Seminar "Special Issue on Mathematics for Disaster Prevention: Taking a Broad View of Disaster Prevention and Weaving a Future out of Disasters". It is the first contribution to a mathematics journal, and will be published on Feb. 9 (Fri.).

>>数学セミナー

>>Article by Prof. Kobayashi in Japanese

スクリーンショット 2024-01-31 213245.png

2024/1/31

日本免震構造協会の会誌『MENSHIN』に第16回日本地震工学シンポジウムの報告記事が掲載されました。協会創立30周年を記念して、関東地震100年WG(主査:小林正人)を組織し、オーガナイズドセッションの企画・運営と技術展示を行いました。

A report on the 16th Japan Earthquake Engineering Symposium was published in MENSHIN, the journal of the Japan Society of Seismic Isolation (JSSI).In commemoration of the 30th anniversary of JSSI, the 100th Anniversary of the Kanto Earthquake Working Group (lead by Masato Kobayashi) was established to plan an organized session and technical exhibition.

>>Report

1_IMG_2304 (3).jpg

2024/1/25

卒業論文発表会。大学教員からの専門的な質疑に真摯に応答していました。4年間の集大成。悔しさも含めて、自身の成長を実感できたのではないでしょうか。
Graduation thesis presentation. This is the culmination of four years of study. We were able to realize our personal growth, including our frustrations.

GDinZsmbQAA2CY8 (1).jpg

2024/1/10

戸田建設の技術研究所にて共同研究の実験を見学しました。筑波への移動に片道2時間以上かかりましたが、大規模な構造実験を間近に見る貴重な体験でした。
We observed joint research experiments at Toda Corporation's Technical Research Center. Although the trip to Tsukuba took more than two hours each way, it was a valuable experience to see large-scale structural experiments up close.

GCutlvmaQAA1VY7.jpg

2024/1/1

本年もよろしくお願いします。

本日公開の黄表紙1月号の論文3編のご紹介。

We look forward to working with you this year. Three papers from the January issue were published today. https://doi.org/10.3130/aijs.89.22… https://doi.org/10.3130/aijs.89.10… https://doi.org/10.3130/aijs.89.54…

GB8kD8eaMAA3FR9_.jpg

2023/12/21

D3 井澤保一さんの博士論文説明会を開催。地震動入力レベルに対する免震構造の設計余裕度と冗長性に関する議論。日本を代表する免震構造の研究者・設計者らと活発な討論が行われました。
D3, Mr. Yasukazu Izawa's doctoral thesis presentation. Discussion on Safety margins and redundancy of seismic isolation structures concerning seismic input levels. Active discussions were held with leading Japanese researchers and designers of seismic isolation structures.

GBCfmBoaYAArDLq_.png

2023/12/14

翻訳論文がJapan Architectural Reviewに掲載されました。免震構造の設計用地震荷重の計算式を簡略化するために、多様なダンパーに適用可能な等価免震係数の概念を構築しました。

A translated paper has been published in Japan Architectural Review. We built a concept of the equivalent isolation ratio which has applicability to various dampers to simplify a formula of seismic design load for seismically isolated structures.

https://doi.org/10.1002/2475-8876.12422

F_LdoxxaMAAhYyW.jpg

2023/11/17

TODA BUILDING|研究室で現場見学を行いました。コアウォール免震構造と名付けられた大胆な構造システムが採用され、免震の特級グレードを実現しています。現場で見たコアウォールは迫力がありました。免震層には戸田建設と研究室で共同研究したトリガー(不感帯)機構付きオイルダンパーも導入されています。

The laboratory conducted a site visit. A bold structural system named CoreWall seismic isolation structure is used to achieve a special grade of seismic isolation. The core wall we saw on site was very powerful. Oil dampers with a trigger (dead zone) mechanism, jointly researched by Toda Corporation and our laboratory, are also installed in the seismic isolation layer.

https://doi.org/10.3130/aijs.86.381

F-pgE8ZaQAAH7G9.jpg

2023/11/11

JSCA アイス棒ブリッジコンテストにて、カテゴリーⅠの「コンセプト賞」を受賞しました!アイス棒を編み込んで作った面材ユニットでボックス断面を構成したユニークなブリッジを創造しました。

We received the "Concept Award" in Category I at the JSCA Ice Stick Bridge Contest! We created a unique bridge consisting of a box cross section with a surface unit made of woven ice sticks.

>>応募作品|Entry Works

F8DSXFLaIAECpeJ.jpg

2023/10/15

3年生研究室配属のための公開ゼミ・説明会・相談会を開催します。10/16の公開ゼミではアイス棒ブリッジコンテストのプレテストを行います。構造力学(小林正人)研究室に関心のある人もない人もはぜひ参加してください!

We will hold an open seminar, information session, and consultation for 3rd year students for lab assignment. 10/16 open seminar will be a pre-test for the Ice Stick Bridge Contest. Whether you are interested in the Structural Mechanics (Masato Kobayashi) Laboratory or not, please come and join us!
Open Seminar 10/16 (Mon.) 9:00-10:40 @ A1001
(Ice Stick Bridge Contest Pre-test)
Open Research Guidance 10/19 (Thu) 9:00-10:40 @ A1001
Information Session/Consultation 10/16(Mon) 10/19(Thu) 11/20(Mon) 11/21(Tue) 12/7(Thu) 12:40-13:20 @A1002

F0a504naYAAIVvX.jpg

2023/7/6

ゼミ活動の一環として、ブリヂストン横浜工場の見学会を開催しました。積層ゴムの製造・製品検査の工程を実際に見学し、免震技術を支えるメーカーの取り組みについて深く学ぶ貴重な機会となりました。
As part of seminar activities, a tour of Bridgestone's Yokohama Plant was held. The tour provided a valuable opportunity to observe the actual manufacturing and product inspection processes of laminated rubber and to learn in depth about the efforts of the manufacturer behind seismic isolation technology.

FyglENWacAgbgVv.jpg

2023/6/13

研究室OBの宇佐美孝典さんが日本免震構造協会の優秀修士論文賞を受賞しました。論文題名は「免震建物に作用する津波先端部の衝撃荷重と応答評価に関する研究」です。川上善嗣先生(広島工大)と水理模型実験に取り組みました。実験計画からデータ分析までよく頑張りました。
Mr. Takanori Usami, an alumnus of our laboratory, received the Excellent Master's Thesis Award from the Japan Society of Seismic Isolation. The title of his thesis is "A Study on Impact Load and Response Evaluation of Tsunami Tip Acting on Seismically Isolated Buildings. He worked on the hydraulic model experiment with Prof. Yoshitsugu Kawakami (Hiroshima Institute of Technology). We worked very hard on everything from experimental design to data analysis.

IMG_2375__edited_edited.jpg

​過去のニュース|Past News

Top: 研究
Top: お問い合わせ

Contact Us

当研究室にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。お気軽にお問合せください。

  1. 公開ゼミ:月・木の午前にオンラインで開催しています。事前に参加の希望をお知らせください。1~3年生や他大生も歓迎します。

  2. 大学院受験に関するご相談
  3. 研究内容に関するご意見やご質問 など​

Thank you for your interest in our laboratory. Please feel free to contact us.

  1. Open seminar: We hold online seminars on Monday and Thursday mornings. Please let us know in advance if you wish to attend. 1st to 3rd year students and students from other universities are also welcome!

  2. Consultation about graduate school entrance examinations

  3. Opinions and questions about our research, etc.

送信が完了しました。

​スタッフ:

教授  小林正人 >> Profile教員データベース

D3 ​​井澤保一

M2 石原大暉,​​江原 諒,​金子 奨,Zhu Zeyu

M1 平田憲史,舩田恭佑,古澤海斗,芳野瑠風,千田悠人,曽根克彦

B4 小池広輝,山口裕人,須藤圭祐,ソ セイ,足立将章,大隅理央,川上凌平,成田尭央

Top: スタッフ紹介
Top: 研究

​​論文

鉛プラグ挿入型積層ゴムの繰返し変形による特性変化を考慮した応答スペクトル法に基づく免震建物の地震応答予測(その2): 有効塑性率を用いた等価減衰定数の算定法による予測精度の改善

小林 正人, ZHU ZEYU, 千田 悠人

日本建築学会構造系論文集,2024年89巻815号,pp. 54-62

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.89.54

免震建物に作用する津波サージ力と応答性状に関する実験的研究

小林 正人, 宇佐美 孝典, 江原 諒, 川上 善嗣, 藤森 智

日本建築学会構造系論文集,2024年89 巻815号,pp. 22-30

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.89.22

地震応答スペクトルの周期特性を考慮した長周期長時間地震動に対する免震建物の速度応答評価式の提案

小林 正人, 新田 哲史

日本建築学会構造系論文集,2024年89巻815号,pp. 10-21

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.89.10

Proposal for vertical distribution of seismic design load and equivalent isolation ratio for seismically isolated buildings with multiple types of dampers: Vertical distribution of seismic design load for seismically isolated buildings corresponding to diversity of seismic isolation devices, part 2

Kobayashi, M. and Komachi, Y. (2024)

 Jpn Archit Rev, 7: e12422. https://doi.org/10.1002/2475-8876.12422

Earthquake response prediction of seismically isolated buildings based on the response spectrum method considering changes in characteristics of lead rubber bearings due to repeated deformations

Kobayashi, M., Sato, K. and Sato, K. (2023)

Jpn Archit Rev, 6: e12388. https://doi.org/10.1002/2475-8876.12388

地震動入力レベルに対する冗長性を考慮した免震構造の耐震安全性評価法の提案

井澤 保一, 小林 正人

日本建築学会構造系論文集,2023年88巻 807号,pp. 746-757

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.88.746

鉛プラグ挿入型積層ゴムの繰返し変形による特性変化を考慮した応答スペクトル法に基づく免震建物の地震応答予測

小林 正人, 佐藤 啓太, 佐藤 和紀
日本建築学会構造系論文集,2022年87巻 802号,pp. 1123-1132

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.87.1123

Vertical distribution of seismic design load for seismically isolated buildings corresponding to diversity of seismic isolation devices

Kobayashi, M., Tanizaki, G., Matsuda, S.
Japan Architectural Review, 2022, 5(4), pp. 386–403

DOI https://doi.org/10.1002/2475-8876.12296

積層ゴムのハードニング特性を考慮した免震構造の安全余裕度評価

井澤 保一, 小林 正人

日本建築学会技術報告集,2022年28巻68号,pp. 91-96

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.28.91

ねじれ応答を伴う免震建物の擁壁衝突に関する地震応答解析

丸尾 純也, 谷地畝 和夫, 稲井 慎介, 太田 行孝, 石田 琢志, 小阪 宏之, 小林 正人

日本建築学会技術報告集,2021年27巻66号,pp. 632-637

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.27.632

不感帯機構付きオイルダンパーを用いた免震建物の地震応答性状

谷地畝 和夫, 鈴木 彰, 齋藤 雄太, 得能 将紀, 小林 正人
日本建築学会構造系論文集,2021年86巻 781号,pp. 381-391

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.86.381

微振動を抑制する免震装置の開発

谷地畝 和夫, 稲井 慎介, 山本 健史, 得能 将紀, 小林 正人

日本建築学会技術報告集,2021年27巻65号,pp. 136-141

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.27.136

設計用長周期地震動の入力レベルに対応した免震建物の設計用層せん断力係数増幅率分布

小林 正人, 合田 正剛
日本建築学会構造系論文集,2020年85巻 778号,pp. 1545-1553

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.85.1545

長周期長時間地震動に対する免震建物の設計用層せん断力係数増幅率分布の適用性

小林 正人, 石本 拳也
日本建築学会構造系論文集,2019年84巻 759号,pp. 617-626

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.84.617

Damping correction formula considering the period-dependent characteristics of the design response spectra of long-period ground motions for the hypothetical Nankai Trough earthquake: An investigation of the simplified spectra and waveform example provided by the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

Masahito Kobayashi, Yuto Kataoaka
Japan Architectural ReviewVolume 3, Issue 4, First published: 30 July 2020

DOI https://doi.org/10.1002/2475-8876.12169

南海トラフ沿いの巨大地震による設計用長周期地震動に対する地震応答スペクトルの周期特性を考慮した減衰補正式の提案

国土交通省より公表された簡略化スペクトルおよび波形例を対象とした検討

小林 正人, 片岡 祐人
日本建築学会構造系論文集,2019年84巻 758号,pp. 477-487

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.84.477

十字型断面を持つRC柱の四隅にスギ材を接着接合したハイブリッド柱の構造性能に関する実験

関口 周作, 杉山 耕平, 小林 正人

日本建築学会技術報告集,2019年25巻61 号,pp. 1139-1142

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.25.1139

大振幅地震動に対して冗長性を有する免震構造の設計

井澤 保一, 小林 正人, 人見 泰義
日本建築学会技術報告集,2019 年 25 巻 60 号 p. 631-636

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.25.631

津波荷重に対する免震建物の構造安全性評価基準の提案

小林 正人, 服部 龍太郎, 藤森 智
日本建築学会技術報告集,2017年23巻53 号,pp. 71-76

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.23.71

多種のダンパーを併用した免震建物の設計用地震荷重分布と等価免震係数の提案免震部材の多様化に対応した免震建物の設計用地震荷重分布 その2

小林 正人, 小町 祐介
日本建築学会構造系論文集,2016年81巻 720号,pp. 251-260

DOI https://doi.org/10.3130/aijs.81.251

南海トラフ地震を想定した津波浸水予想地域内の免震建物調査

小林 正人, 守屋 有菜, 藤森 智

日本建築学会技術報告集,2016年22巻50 号,pp. 133-136

DOI https://doi.org/10.3130/aijt.22.133

​​その他

上記以前の発表論文はこちらをご覧ください

Top: リスト

​​受賞

新田 哲史

応答スペクトル法による免震建物の地震応答予測に関する研究
その9 表層地盤の影響を考慮した長周期地震動に対する速度応答評価式の提案

日本建築構造技術者協会|JSCA構造アイデアコンペ【アイス棒タワーコンテスト】

​​構造力学研究室

構造デザイン賞スマートパッシブデザイン賞

日本免震構造協会|2019年 第12回 免震構造・制振構造に関わる優秀修士論文賞

阪上 雄斗

免震建物に作用する津波荷重に関する水理模型実験

谷本 満里菜

長周期長時間地震動に対する免震建物の地震応答予測
-鉛プラグ挿入型積層ゴムの繰返し変形による特性変化を考慮した応答スペクトル法-

関口 周作

十字型断面を持つ RC 柱の四隅に木質材を接着補剛した合成柱の構 造性能に関する実験的研究

服部 龍太郎

津波荷重に対する免震建物の構造安全性評価に関する研究

​​片岡 祐人

応答スペクトル法による免震建物の地震応答予測に関する研究
その3 ⻑周期地震動に対する応答スペクトル法の適⽤性

小町 祐介

多種のダンパーを併用した免震建物の地震応答予測
-応答スペクトル法による免震層の応答予測と設計用地震荷重分布-

松田 紳吾

免震部材の多様性を考慮した免震建物の設計用地震荷重分布
-非線形モーダルアナリシスによる地震応答構造の分析-

​​位田 拓磨

エネルギー法に基づいた制振補強建物の換算Is値
ー 履歴型ダンパーを用いた制振補強建物の耐震性評価 ー

Top: リスト

​卒業生・修了生の就職先

戸田建設株式会社

株式会社竹中工務店

大成建設株式会社

株式会社長谷工コーポレーション

​​清水建設株式会社

鹿島建設株式会社

株式会社日本設計

株式会社日立建設設計

西松建設株式会社

株式会社松田平田設計

日本製鉄株式会社

日鉄エンジニアリング株式会社

​​株式会社フジタ

株式会社NTTファシリティーズ

ENEOS株式会社

積水ハウス株式会社

株式会社コンステック

株式会社JR東日本建築設計

​中南建築設計院

オリエンタル白石株式会社

株式会社sai総合企画

タカラスタンダード株式会社

東急建設株式会社

株式会社NTTデータ

株式会社大林組

東日本高速道路株式会社

ポラス株式会社

株式会社福田組

成都基准方中建築設計有限公司

飛島建設株式会社

小田急電鉄株式会社

株式会社石本建築事務所

五洋建設株式会社

日産自動車株式会社

なわけんジム

福建省建築設計研究院

株式会社一条工務店

株式会社伊藤喜三郎建築研究所

株式会社横河建築設計事務所

株式会社安藤・間(安藤ハザマ)

株式会社あい設計

株式会社朝日設計

埼玉県

​​東京都

​​神奈川県

Top: リスト
bottom of page